ユニランSTORY

頑張る人の力になりたい。

スポーツ義足との出会いで芽生えた夢

夢佳さん/ユニラン受講時 小学6年生

小学6年生のときに参加したユニランの授業で、パラアスリートの佐藤選手の華麗な走りに魅了された夢佳さん。その後、佐藤選手が出場する陸上大会の応援にも駆けつけるほどに。義足やパラスポーツについて知識を深めるうちに、夢佳さんの中にある「夢」が芽生えてきました。

STORYを見る

先生、走れるようになったよ

一歩前に踏み出してつかんだ、大きな自信

優佳さん/ユニラン体験会参加時 小学3年生

小さい頃から走ることが苦手だった優佳さん。小学校3年生のときに参加したユニランの体験会で、パラアスリートの池田選手と出会ったことが大きな転機になりました。今では走ることが大好きになったという優佳さん。優佳さんの中にどんな変化が起こったのでしょうか?

STORYを見る

パラスポーツで、僕も金メダルを!

「当たり前」を分かち合う心の交流

暖太さん/ユニラン受講時 小学5年生

物心ついた時から義足で生活していた暖太さん。パラアスリートの佐藤圭太選手に出会ったのは小学3年生のときでした。そこから2人の「走ること」を通じた交流が始まります。そんなある日、暖太さんが通う学校に佐藤選手を招待して、ユニランの授業を行うことになりました。

STORYを見る

教師生活の最後に、義足の校長先生が伝えたかったこと

中村さん/ユニラン開催時 学校長

愛知県の小学校で校長先生を務める中村さんは、教員生活のさなかに左足を切断。義足ユーザーになりました。校長先生の職務を務め上げ、退職を間近に控えたあるとき、自身が勤務する小学校でユニランの授業を開催します。その背景には、中村さんが生徒たちに伝えたかったあるメッセージがありました。

STORYを見る
ユニバーサル・ラン<スポーツ義足体験授業>を詳しく見る

OTHER STORY