パートナーシップ、寄付、協賛

SHARE

in

急速に進む地球温暖化や頻発する自然災害、水・衛生や貧困の問題など、世界にはたくさんの深刻な課題が山積しています。課題の解決に向けては、多様な主体が組織やセクターの違いを超えて協力し合うことが必要です。
地球にも人にも優しいものづくりをめざすLIXILは、水・衛生分野のリーディングカンパニーとして、地域の衛生環境の改善や環境負荷の低減、コミュニティの活性化、災害復興支援など、国内外のNPOや国際機関、教育機関などに、パートナーシップ・寄付・協賛の形で協力しています。これからもさまざまなステークホルダーと協働しながら、持続可能な社会づくりに貢献していきます。

Team Splash

2018年7月26日に、LIXILはユニセフとグローバルパートナーシップ「Make a Splash!みんなにトイレを」を締結しました。このパートナーシップは持続可能な開発目標(SDGs)のターゲット 6.2(*)の実現を目指すものであり、ユニセフが日本企業と初めて締結した「シェアードバリュー・パートナーシップ」です。

*2030 年までに、すべて の人びとの、適切かつ平等な下水施設・衛生施設へのアクセスを達成し、野外での排泄をなくす。女性 および女児、ならびに脆弱な立場にある人びとのニーズに特に注意を払う

開発途上国向け簡易式トイレシステム「SATO」の開発・製造・販売の知見をもつLIXILと、途上国での衛生教育などに取り組むユニセフがそれぞれの強みを生かしながら、まずはケニア、タンザニア、エチオピアの3カ国でトイレ市場を構築・拡大し、各地域の衛生環境の改善を図っています。

LIXILは企業として貢献するのと同時に、2018年11月から開始した従業員向けの参加型寄付プログラム「Team Splash」を通じて、活動を支援しています。延べ1、500人以上の従業員が参加した同プログラムは、それぞれが煩雑な手続きを行うことなく、定められた期間の間、給与から支援金が自動で寄付されるというもので、これまでに700万円以上の寄付が集まり、衛生教育やトイレの設置などを含むパートナーシップの活動に役立てられています。

今後はTeam Splashのメンバーが、アンバサダーとしてパートナーシップの活動地域を訪問し、現地の声や状況を広く発信していくことを計画しています。

みんなにトイレをプロジェクト

世界には、安全で衛生的なトイレのない生活を送る人が、世界人口の4人に1人、実に20億人もいると言われ、そのうち6.7億人は屋外での排泄が日常化しています。屋外排泄は、劣悪な衛生環境や感染症の拡大などをもたらし、子どもや抵抗力の弱い人々の命を奪う原因にもなっています。

LIXILは、日本国内のビジネスパートナーやお客さまに世界の衛生課題への関心を高めていただくことを目的に、2017年に「みんなにトイレをプロジェクト」を開始しました。日本で一体型シャワートイレ1台が購入されると、開発途上国向け簡易式トイレシステム「SATO」1台が開発途上国に寄付される仕組みです。過去2年間の実施で、アジアやアフリカに約40万台が届けられ、設置されたトイレは200万人以上の人々に利用される予定です。

2019年以降の寄付については、2018年7月にLIXILが国連児童基金(ユニセフ)とスタートした共同プロジェクト「Make a Splash!みんなにトイレを」を通じて、安全で衛生的なトイレの設置や衛生教育に役立てられます。

トライアスロン国際大会
アイアンマン70.3 セントレア知多半島ジャパン特別協賛

スポーツを通じた地域への貢献を目的に「アイアンマン70.3 セントレア知多半島ジャパン」に毎年メインスポンサーとして協賛しています。今大会は2019年6月9日に開催され、国内外から集まったアスリートたちが、「アイアンマン70.3世界選手権」の出場権をかけ、ハイレベルなレースを展開しました。LIXILからは選手や運営・応援のボランティアとして150名を超える従業員が大会を盛り上げました。

寄付・協賛

LIXILは災害復興支援や文化的な活動への協賛のほか、CR戦略の柱の一つである衛生課題解決のための寄付や、ユニバーサルデザイン、IoTなど、持続可能な開発を視野にいれた研究開発機関などへの支援を行っており、寄付や協賛の規模や範囲は多岐にわたります。
たとえば、国内拠点では、コミュニティの活性化や防犯・安全対策に取り組む地域の商工会や自治会など各種団体に、拠点の状況を踏まえて加入し、協働しています。具体的には、地方都市でのお祭りや町おこしなどのイベント協賛・寄付など、小さな規模での活動も行われています。
一方、高額寄付・協賛についてはCEOが委員として出席する「寄付行為およびコンサルティング等審査委員会」で目的・用途とその成果を厳しく審議し、寄付・協賛先を選定しており、LIXILの資産を適切に、効果的に社会還元できるよう努めています。
グループ全体での寄付総額は、ステークホルダーエンゲージメント(グループサイト) をご覧ください

SHARE

in
PageTop